スペシャリストを目指す方のプロジェクト選びは、ATS【エーティーエス】へ。次のステージを目指す方にベストな働くをサポートします。

A.T.S Advanced Technology Service

NEWS RELEASE 新着情報

ATSブログ ATS BLOG

ブログ

アラフォーママ ATS広報の“やってみました!”シリーズ⑬
~WordPressの運用とは?編~


こんにちは。
残暑はまだ続いていますが、秋がやってきましたね。美味しい旬の食材が多く、過ごしやすい、大好きな季節なのですが、秋の夕空はいつも切なく感じるATS広報です。

さて先日、最後のWeb運用講座に行ってきました。
最終回は、Photoshopでの写真加工です。
Photoshopは、画像編集ソフトということは知っていましたが、これまで事務仕事の経験しかない私には、縁のないものでした。
しかし、せっかく撮った写真が、いざPCで確認してみると、暗かったり、斜めに傾いてしまっていたり・・・。Webの勉強を始めて、写真のクオリティの重要性を実感してからは、PCで写真加工できた方が良いと思うようになりました。そこで、今回は、サイトを運営する上で、綺麗で見映えが良い写真を掲載できるようPhotoshopでの写真加工を教わります。

今日は、Photoshopの無料体験版をインストールして使用します。
Photoshopを開いてみると、画面と機能が多すぎて、どこから見ればいいのやら・・・。左端のツールバーのアイコンを見ても、何の機能なのか全く見当もつきません。
まず、聞き慣れない「レイヤー」から教えてもらいます。日本語でいうと「層」ですが、画像を構成するシートのようなもので、画像レイヤー、文字レイヤー、調整レイヤーなどがあり、重なって1枚の画像となります。




初めてのPhotoshop


早速、前回撮影した写真を使って、加工方法を教えてもらいます。
まず、画像レイヤーを複製し、加工前にすぐに戻せるようにしておきます。そして、複製したレイヤーに「切り抜きツール」でトリミングを行います。
次に、レイヤーの色調補正から、「トーンカーブ」、「明るさ・コントラスト」、「色相・彩度」を調整します。要領は、前回のアプリでの加工と同じなのですが、Photoshopでの調整は高機能ゆえ全く違います!




機能の説明


特に「トーンカーブ」は、グラフのような表示で、対角線上の直線を上下に動かすことで調整するのですが、何とも奥が深い機能!トーンカーブの直線を山なりのように曲線にすると、画像が明るくなり、曲線のカーブをS字のようにすると、コントラストまで同時に補正できるのです。初心者には、バランス良く調整するのがとても難しかったですが、トーンカーブを使えるようになれば、写真加工のスキルがメキメキと上達しそうです。やはり、写真は、「明るさ・コントラスト・彩度」を上手く調整することで、見違えますね!全体的にメリハリが付いたシャープな写真になりました!




加工前


加工後


また、写真が斜めになっている場合は、「ものさしツール」で傾きの角度を測り、傾きを補正できる機能や、フィルタの使い方を教えてもらいました。ぼかしたり、絵画っぽくしたり、高度な加工ができるので、ゲーム感覚で色々試してみたくなりました!

Photoshopを体験してみると、色調補正だけでも多機能で、写真加工の自由度の高さが、自分の想像を遥かに超えていて驚きました!また、スマホでの写真加工と比べて、PCの大きい画面での加工が見やすく、疲れを感じなかったことも、大きな発見でした。今回は、最低限の加工方法を教えてもらいましたが、面白い機能がたくさんあるので、勉強していきたいと思います。個人的には、しみを消して美白肌に補正してみたいです!

Web講座のブログは、これで最終回となります。
加藤先生、長期にわたり教えていただき、ありがとうございました!Webという新しい世界の魅力を教えて頂いたことに感謝です!自分でも、ここまで面白く感じ、これからも続けたいと思えるとは、当初考えてもいませんでした。Webサイト作成から運用まで、学んだことを活かして、良質なサイトを提供できるよう努力を重ねていきたいと思います!

今回のブログをきっかけに、少しでもWebや新しい事に挑戦してみよう!と思っていただけたなら幸いです。最後までお付き合いいただき、どうもありがとうございました!




ATSではWワークで働きたい方を応援しています!
https://www.ats-jp.com/workstyle

加藤まやこさんのサイトはこちら↓
http://www.lunebleue-luxe.com/