あなたの「キャリア」「働く」を応援するメディア

produced by A.T.S Advanced Technology Service

華やかな仕事とされる職種18選!合う人の特徴も紹介

「誰もが憧れる華やかな仕事に就きたい」
「おしゃれなオフィスなら、もっと仕事のモチベーションが上がるのに」
仕事を探す時に、このようなことを考えたことがあるという方は多いのではないでしょうか。

しかし華やかな仕事と言っても、具体的にどのような仕事のことを指すのか、よく分からないという方も多いことでしょう。本記事では、華やかな仕事が多い業界や、華やかな仕事とされる特徴と職種18選について紹介しています。

この記事を読むことで、華やかな仕事にはどのような職種があるのか、どのような人が向いているのかを理解することができるようになります。

華やかな仕事に転職して、もっと自分を輝かせたいと考えている方は、是非この記事をチェックしてみて下さい。

華やかな仕事が多い業界

華やかな仕事が多い業界

華やかな仕事と聞いて想像するのは、綺麗なオフィスでおしゃれな服を着て働いている人、制服自体がおしゃれな仕事や、人から注目される仕事に就いている人ではないでしょうか。

そのような華やかな仕事がどのような業界に多いのか、解説していきます。

1:ファッション・美容業界

ファッションや美容業界は、人気があり華やかなイメージを持つ方もいるでしょう。

特にファッション業界は、モデルやスタイリスト、アパレルショップの店員など、最新のファッションに携わるため、まさに華やかな仕事に当てはまります。

そして美容業界は、美容師やネイリスト、エステティシャンなど、お客様を美しくするのが仕事です。そのため、自分も常に美意識を高く持つ必要があり、華やかなイメージを持たれやすい職種だと言えるでしょう。

2:TV・マスコミ業界

TVやマスコミ業界の仕事は、取材や収録の際に有名人と接することがあるため、人からうらやましがられることもあるでしょう。

新聞や雑誌、TV番組など多くの人に見られる媒体の制作に関わるため、華やかな仕事という印象があります。

3:航空業界

華やかな仕事と聞いて、真っ先にキャビンアテンダントを思い浮かべた方もいるでしょう。キャビンアテンダントは、昔から女性の花形職業とされてきました。

飛行機内でテキパキと仕事をこなす姿は、とても華やかで格好良く、オシャレなユニフォームに憧れる方も多いでしょう。

4:IT業界

IT業界というと、パソコンに詳しい男性の仕事のようなイメージがありますが、最近はIT業界で働く女性も増えてきています。

特にエンジニアなどは、高度で専門的な知識が必要とされる職業です。また時代の先端を行く仕事のため、格好良いというイメージを持たれるでしょう。

5:広告・マーケティング業界

広告・マーケティング業界では、WebやSNSなど、ネットを駆使して仕事をするため、華やかな仕事というイメージがあります。

市場について理解していることや、Webに関する詳しい知識、アイデア力が求められる仕事です。

華やかな仕事とされる特徴

華やかな仕事とされる特徴

華やかな仕事というと、おしゃれだったり、人から注目されたりするなど、派手な印象の仕事を想像する人が多いでしょう。

華やかな仕事にはどのような特徴があるのか、具体的な例を挙げて紹介していきます。

  • 職場環境自体がおしゃれな仕事
  • 私服でおしゃれができる仕事
  • 子供の頃に憧れていた仕事
  • プライベートも充実させられる仕事

1:職場環境自体がおしゃれな仕事

おしゃれな職場環境で働くと、仕事も快適にこなすことができるようになるでしょう。

近頃はおしゃれなオフィスも増えてきており、仕事を選ぶ時に職場環境を重要視する人もいるのではないでしょうか。

IT企業など、ノートパソコンさえあればどこでも仕事ができるというような職種の場合は、おしゃれなカフェで仕事をするということも可能になります。

2:私服でおしゃれができる仕事

おしゃれな服を着て仕事ができれば、仕事に対するモチベーションも上がるでしょう。

オフィス系の仕事は制服がない会社も多く、仕事にふさわしいオフィスカジュアルな服装という条件付きで、自由におしゃれを楽しめます。

もっとおしゃれな服装で仕事をしたいという方には、アパレルショップの店員や美容師など、見た目のファッションも重要視される仕事がおすすめです。

3:子供の頃に憧れていた仕事

キャビンアテンダントやパイロット、美容師など、子供がなりたい職業ランキングに入っているような仕事も、華やかな仕事と言われています。

大人だけでなく、子供もおしゃれで華やかな仕事に魅力を感じるため、憧れの気持ちを持つためでしょう。

4:プライベートも充実させられる仕事

プライベートを充実させられる仕事は、就業後に習いごとをしたり、ショッピングに行ったりと、充実した生活を送れる点が魅力です。

プライベートが充実していると、ライフスタイルそのものがおしゃれで華やかなため、そのような働き方に憧れる人も多いでしょう。

華やかな仕事とされる職種18選

華やかな仕事とされる職種18選

ここまで華やかな仕事が多い業界や、華やかな仕事の特徴について解説してきましたが、具体的にどのような職業が当てはまるのか、もっと詳しく知りたいと思った方も多いのではないでしょうか。

ここからは、華やかな仕事とされている職種18選を紹介していきます。

1:人事業務

人事は採用に関する業務をはじめ、従業員の教育や働く環境を整えるなど、従業員をトータルでサポートするとても重要な仕事です。

初対面の人と接する機会も多いため、コミュニケーション能力の高さや清潔感、華やかさも求められるでしょう。

2:事務員

事務員は、制服がなければ私服で仕事ができることと、プライベートな時間を確保しやすいというメリットがあります。

資格や難しい技術なども必要ないため、昔から人気のある仕事です。パートの求人もあるため、短時間だけ働きたいという人にもピッタリでしょう。

3:秘書

秘書は昔から女性に人気があり、華やかなイメージが強い仕事です。

会社の社長など、重要なポジションに就く方のサポートをする仕事のため、コミュニケーション能力や的確な判断力が必要とされます。秘書技能検定などの資格を取得しておくと良いでしょう。

4:CA

華やかな仕事の代名詞のようなキャビンアテンダントも、昔から人気のある仕事です。おしゃれな制服を着て世界を飛び回る姿に、憧れる人が多いでしょう。

しかし華やかなイメージとは裏腹に、長時間立ちっぱなしだったり、広い空港内を移動したりと、体力も必要とされるハードな仕事です。

その他にも語学力が必要とされるため、英語を学んでおくことをおすすめします。

5:アナウンサー

テレビ局の顔とも言われるアナウンサーは、有名人と仕事をする機会も多いため、華やかな存在と言われています。

仕事では、テレビやラジオのニュースや天気予報、スポーツの実況など、情報を正確に伝えることが求められます。その他に、トレーニングを受けて正しい発声法で解りやすく伝える技術も必要です。

とても人気の高い職種で採用倍率も高めですが、勤務時間が不規則などプライベートな時間を確保しづらいといったデメリットもあるでしょう。

6:アパレルスタッフ

最先端のファッションを身にまといながら働くことができるアパレルスタッフは、特に若い世代に人気のあるとても華やかな仕事です。

センスがある人は、カリスマ店員としてお客様から一目置かれる存在になることもあるでしょう。

アパレルショップのスタッフとして働きながら経験を積んでいき、自分のブランドを立ち上げるという人もいるため、アパレル業界で仕事していきたい方におすすめです。

7:ファッションモデル

ファッションモデルと聞くと、ファッションショーのステージで脚光を浴びている華やかな姿を思い浮かべた方も多いでしょう。

ファッションモデルの仕事はファッションショー以外に、雑誌やカタログの撮影やテレビ出演などがあります。

洋服などのファッションアイテムを魅力的に見せることが仕事のため、体型維持など厳しい自己管理が必要になります。

8:美容師

常におしゃれなヘアスタイルとファッションで仕事をしている美容師ですが、華やかなイメージの割に大変なことも多くあります。

立ち仕事のため体力が必要とされる点や、シャンプーを繰り返すうちに手が荒れてしまうなど、仕事自体はキツいと言えるでしょう。

美容師になるには国家資格を取得する必要があるため、就職したい場合は取得しておきましょう。

9:ネイリスト

お客様の爪を綺麗に整えたり、マニキュアやジェルネイルなどの施術をしたり、女性の指先を美しくすることがネイリストの仕事です。

ネイリストになるための資格は特に必要ありませんが、専門学校で学ぶかネイルサロンで経験を積むと良いでしょう。ネイリストの技能検定などもあるため、そのような資格を取得しておくと就職には有利になる可能性があります。

技術と経験を身につけてから、独立して自分の店を開業したり、自宅で開業する人もいたり、技術を磨くことによって固定客が増える可能性もあるため、とてもやりがいのある仕事です。

10:スタイリスト

スタイリストの仕事は、雑誌やテレビなどでモデルやタレントのファッションをコーディネートすることです。

最新のファッションを取り入れながら仕事をするため、華やかな仕事のイメージがありますが、勤務時間や休日が不規則であったり、ファッションアイテムの調達のために幾つものブランドを探し回ったりすることもあるため、体力も必要とされます。

スタイリストになるための資格などは必要ありませんが、色彩検定などを取得しておくと有利になるでしょう。

11:美容部員

美容部員の仕事は、百貨店などで大手メーカーの化粧品販売を行うことです。

その他にも、お客様のお肌の悩みに合わせてスキンケアのアドバイスをしたり、メイクをしたりするため、化粧品が好きな方にピッタリの仕事と言えるでしょう。

また、社員割引により安く化粧品を購入できるというメリットもあります。

12:エステティシャン

エステティシャンの仕事は、エステティックサロンでフェイシャルやボディケアなどの施術を行うことです。

立ち仕事の上に、ボディケアの際には力が必要になることもあるため、体力が必要な仕事とも言えます。

しかし、美容に携わる仕事のため、働きながら美容に関する知識を深められ、自分自身も美しくなれるというメリットもあるでしょう。

13:ITエンジニア

男性の仕事というイメージが強いITエンジニアですが、最近は女性のITエンジニアも増えています。

パソコンの普及に伴い、今後もITエンジニアの需要が高まる可能性が高く、将来性のある職種だと言えるでしょう。

最先端の技術を駆使して、おしゃれなオフィスで働くイメージがあるため、華やかな仕事という印象を持たれています。

14:Webデザイナー

Webデザイナーの仕事は、Webサイトをデザインして制作することです。

パソコンやスマホの普及により、今後もWeb制作の需要が増える可能性が高く、Webデザイナーは将来性の高い仕事だと言えるでしょう。

特に資格は必要ありませんが「Illustrator」や「Photoshop」といったグラフィックソフトの操作方法や、HTMLやCSSなどのコーディングを学ぶ必要があります。

15:Webライター

Webライターの仕事は、Webサイトに掲載する文章を作成することです。

パソコンさえあれば未経験者でもできる場合があるため、学生や主婦、会社員の方が副業としてWebライターの仕事をしているというケースもあるでしょう。

しかし、このように、誰でもすぐに始められるため人気は集まっていますが、その分報酬は低く抑えられてしまうというデメリットもあります。

高い報酬を得るためには、より高度な文章が書けるように常に勉強を続けるなど、スキルアップが必要になるでしょう。

16:コンサルタント

コンサルタントは、企業の経営上における課題を見つけて、解決するためのアドバイスなどを行う仕事です。

キャリア志向の高い女性に人気がある仕事ですが、未経験での求人は少ないため、営業職などの経験が一定期間ある人の方が採用されやすい傾向にあります。

経験を積んだ後に、独立して自分の会社を興す人もいるでしょう。

17:広報業務

広報業務は、自社が取り扱っている商品や活動内容などを宣伝し、認知度アップを図ることが仕事です。

自社のブランド力を高めるために、SNSによる情報発信や取材対応、イベントの企画など、幅広い業務内容をこなす必要があります。

企業の顔としてメディアに対応する立場のため、華やかなイメージがあり、人気のある職種でしょう。

18:インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターは、インテリアが好きな人に向いているでしょう。

家具やカーテン、照明など、住宅の内装をお客様の要望に合わせて提案していきます。接客が多い仕事のため、コミュニケーション能力が必要です。さらには、インテリア業界は流行の変動が早く、流行を敏感に察知することも求められるでしょう。

インテリアコーディネーター資格は難易度高めですが、取得しておくと転職に有利になるでしょう。

華やかな仕事に合う人の特徴

華やかな仕事に合う人の特徴

これまで華やかな仕事の特徴や、その職種について解説してきましたが、誰にでも向いているという訳ではありません。

華やかな仕事をしている人は、その人自身が華やかであると言われているのではないでしょうか。それでは、華やかな人に共通する特徴について解説していくため、是非参考にしてみて下さい。

  • ポジティブ思考な人
  • 人から見られることに抵抗がない人
  • 好きで仕事ができる人
  • TPOに合わせられる人

1:ポジティブ思考な人

ポジティブ思考な人は、周囲に明るい印象を与えます。また、努力家で行動力がある場合が多いため、仕事でも良い成果を出せるでしょう。

華やかな仕事に就くためには、常にポジティブ思考でいるように心掛けましょう。

2:人から見られることに抵抗がない人

華やかな仕事の職種で、ファッションモデルやアナウンサーなどを紹介しましたが、ほとんどに共通していることは、人から見られる仕事ということです。

そのため、人から見られるのが苦手だという人には、当然このような仕事は向いていません。人から注目されるのが好きという方には、まさにピッタリの仕事だと言えるでしょう。

3:好きで仕事ができる人

好きな仕事に就くことは、とても大切なことですが、ただ好きというだけではなく、加えて仕事ができるかどうかということも重要になってきます。

華やかに見える仕事も、体力が必要だったり雑用が多かったりと、イメージと違う業務内容をこなさなければならない場合もあります。

好きだという理由だけで仕事を選ぶと、後から「こんなはずじゃなかった」と後悔することにもなりかねません。業務内容をきちんと理解してから、自分にできるかどうかを見極めることが大切です。

4:TPOに合わせられる人

TPOは「Time」「Place」「Occasion」の頭文字から取った言葉で、時間、場所、場合という意味です。

このTPOに合わせられる人とは、時と場所、場合に合わせた服装や行動など、社会人として当たり前のマナーと常識を持ち合わせた人ということになります。

TPOを無視した言動をしてしまうと、非常識な人と思われてしまい、自分だけではなく会社のイメージまで悪くしてしまう恐れがあります。

特に華やかな仕事の場合、人と接する機会が多い傾向にあるため、常に人の目を意識しなければなりません。したがって、TPOに合わせられる人が求められるでしょう。

華やかな仕事への転職を目指そう

華やかな仕事への転職を目指そう

働くなら、おしゃれなイメージの仕事がしたい、格好良いと思われる仕事がしたいなど、良いイメージを持たれる仕事に就きたいと思っている方は多いでしょう。

そのような華やかな仕事について解説してきましたが、専門的な技術が必要であったり、資格が必要であったりと、誰でも簡単にできる仕事ではありません。だからこそ、人から憧れられる仕事だとも言えます。

華やかな仕事に就くと、自分に自信が持てるようになったり、仕事に対するモチベーションが上がったりなど、メリットもたくさんあります。

転職を考えている方は、この記事で紹介した華やかな仕事にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

新着記事