代表挨拶

人材サービスを仕事とすることの魅力とは

人材ビジネスは無形のサービスです。そこで提供するモノは私たちの提案力や調整力、そしてホスピタビリティです。
企業の課題は何か?
求職者の求めている事は何か?
常に動き続ける解に向けて、双方の意義や価値観を根気よく擦り合わせ続ける。
そこには解は一つではなく、気持ちのこもった遣り取りを通じて得られる解があります。

「人材コンサルタントとして企業と求職者へ解決策を提案する」この無形のサービスを創造してゆく事は、結果的に自分自身の成長に繋がります。 そして、その成長が人材サービスを生業とする事の最大の魅力だと感じています。

人材コンサルタントとしてATSで活躍する人物に期待する素質

一つは、仕事を通じて自らも人間として、社会人として成長したいと思っている人を歓迎しています。 人材ビジネスを通じて多くの人と出会い、多様性のある価値観に触れる事で自分自身の視野を広げ、人間力を磨いてほしいと思います。

もう一つは、人に対してホスピタリティを持って接する事ができるかです。そもそも他人の悩みを聞くことが面倒だと思う人は人材サービスには向いていません。 十人十色の悩みや課題に対して、ひとつひとつ自分なりに懸命に向き合っていく。時には一緒に悩み、一緒に笑いながら取り組んでいける人、それは素質ではなく姿勢だと思います。 そこにチャレンジする人を歓迎しています。

代表取締役社長

岡部 吉純